クレジットカードを解約する時の注意点まとめ

クレジットカードを解約しようかなと思った時に、押さえておかなければならない注意点があります。
今回はその注意点をまとめてみました。

クレジットカードを解約しようと考えている方、参考にしてみてください。


 

未払い金はないか?

複数回分割払いにしている方やリボ払い、ボーナス払いにしている方へ

残債がある状態でクレジットカードを解約してしまうと、カード会社によっては一括返済を求められることがあります。
手元にお金がない状態で一括返済を選んでしまうと、結局お金を払えなくて自分の信用情報に傷がついてしまったというケースにもなりかねません。そういう場合はいったん、解約は保留にして全額返済した後に解約するのがベターです。

・分割払い
・リボ払い
・ボーナス払い
・キャッシング

もし自分がどれぐらいの未払い金額が残っているかわからなくて不安という方はカード会社に一度確認しておいた方が良いでしょう。

未使用のポイントがないか?

ポイントが残ってる状態でカードを解約してしまうと、その時点でポイントが全てなくなってしまいます。これは非常に勿体ないことです。
今までコツコツ貯めたポイントが水の泡になってしまいます。

ポイントを違うポイントに交換したり、キャッシュバックにあてたり、ポイント分、オンラインショッピングで値引きできたり、カード会社によってポイントの使い道は様々です。

ぜひ解約する前にカードにポイントが残ってるかどうかを確認しましょう。そしてもし残っていたら何か商品と交換してポイントを全て使ってからカードを解約しましょう。

公共料金などクレジットカードで支払っている物はないか?

電気代とかガス代、水道代などの公共料金や携帯料金。

これを解約予定のクレジットカードで支払っているならば、解約する前に予め別のカードに変更するか口座振替にするか設定しておくことをオススメします。

解約した後、変更するのを忘れた場合、延滞扱いになってしまいます。

毎月支払っている物であれば忘れないかもしれませんが、年に1回ぐらいしか支払っていない物に関しては忘れがちです。利用状況もあわせて確認しておきましょう。

年会費を払った後ではないか?

解約予定のカードの年会費を既に支払ってしまっていた場合、解約しても年会費が戻らない事が多いです。
ですので、もし年会費を支払った後であれば解約するより年会費の分、元を取ってやるという気持ちで次回の年会費が発生する前の月までカードを活用したほうがお得かもしれません。

年会費分まるまる損してしまうよりかはその方が断然良いです。

ETCや家族カードは使用していないか?

親となるクレジットカードと紐づけされているETCカードや家族カードも、そのクレジットカードを解約してしまうと使えなくなってしまいます。

・ETCカード:クレジットカード解約で利用不可
・家族カードクレジットカード解約で利用不可

なので、使用している方は注意が必要です。

特に普段ETCカードを使用して高速道路を乗っている方はカードを解約すると、ETCゲートをそのまま通過できなくなってしまいます。

また、家族カードを使ってる家族の方には、予め解約する事を伝えておきましょう。

電子マネーも使えなくなる

クレジットカードを解約すると、そのカードに搭載されている「ID」や「クイックペイ」などの電子マネーも使えなくなります。

そのほか、アップルペイも使えなくなります。

良好なクレジットヒストリーではないか?

クレジットカードを頻繁に使っていて、支払いもキチンとしているのであれば良好なクレジットヒストリーが形成されていきます。
ただ、そのクレジットカードを解約してしまうと、そのクレジットヒストリーも消えてしまいます。

もし、解約して新しいクレジットカードを作ろうと考えている方は、解約する前に作ることをオススメします。なぜなら、その新しいクレジットカードを作成する時も、そのクレジットヒストリーが参考になるからです。

注意点7:カード入会後、すぐの解約ではないか?

カードを作成して、半年以内に解約してしまうと、次回カードを作成する時審査が厳しくなると言われています。

なぜなら、短期解約はカード会社にとってあまり利益がないからです。

ポイント目当てや特典目当てなどと思われてしまうかもしれません。

まとめ

「クレジットカードを解約する時の注意点まとめ」を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

注意点が意外と多かったと思いますが、これらの注意点を踏まえて使わない不要なカードは解約をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました