【必見!】ドメインパワーとドメインパワーを上げるにはどうすればいいのか調べてみた

自分のサイトがどれぐらいのドメインパワーなのか気になりませんか?
そんな方に自分のサイトがどれぐらいのドメインパワーなのか調べることができるサイトを見つけたので紹介したいと思います。

 

空欄にドメインパワーを調べたいドメインを入力してチェックします。
(ちなみにこのドメインパワーを調べられるのは1日1回となります。)

スポンサーリンク

では自分のサイトのドメインパワーを調べてみました。

自サイトのドメインパワーどれぐらいなのか・・・

ドキドキドキ・・・

ドキドキ・・・

「4.2」!?

低すぎる・・・

もう少し高いと思っていた。

これはドメインパワーを上げるしかない。

スポンサーリンク

そもそもドメインパワーを上げると何か恩恵があるの?

ドメインパワーの強さにはSEOに対してかなり重要です。

SEOとはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果の上の方に表示させるテクニックのこと。

このドメインパワーが強ければ、強いサイトほど更新した記事が検索上位に掲載される可能性が高くなります。
またドメインパワーが強いと、クローラーが何度も巡回してくれるので更新した記事のインデックスも早くなります。

ではドメインパワーを上げるにはどうすればいいのか調べてみました。

ドメインパワーを上げるには?

ドメインパワーを上げるには単純にまずそのサイトのコンテンツ力を高めることです。
そのためには、記事を書いたり、記事を追記したり、不必要な文章は削除したりする必要があります。
ただ、闇雲に適当な記事を書いても意味はありません。

ユーザーが求めるようなコンテンツを発信する。オリジナル性を出す。一時情報を発信する。これが大事なことです。
そうしていくうちに、徐々にアクセスが集まり、被リンクも獲得していくことでしょう。

被リンクを獲得できるということはユーザーがあなたの記事を他の人にもおすすめしたいということです。ということは良質なコンテンツということになります。

さらには雑記サイトよりも特価サイトのほうが専門性も高まり、もし似たような記事があったりした場合でも、専門性が高いサイトのほうが、ユーザーも信用できます。

あと、忘れてはいけないのが、サイトのSSL化です。
SSL化とは「http」⇨「https」にすることです。そうすることによってデータ通信が暗号化され、セキュリティ効果が高まります。
ユーザーには安心してアクセスしてもらえることができますね。

ドメインパワーを上げる際に気をつけなければならない注意点

1:中古ドメインを購入する

この「中古ドメインを購入する」ということですが、メリットもありますが、デメリットもあります。
メリットは過去のサイトの評価を受け継いでいるという点です。
その中古ドメインが運営歴が長く、被リンクがついていたりすると、評価の高いドメインとみなされ、新規ドメインより、インデックスも早ければ、検索結果に対しても反映も大きいです。

対してデメリットは過去のサイトの評価を受け継いでいるわけですから、悪質なドメインや googleからペナルティを受けているようなマイナスなドメインの場合、どれだけ良い記事を書いても、検索上位に表示されるのは難しいのです。
さらにはドメインを取得するのに〜万円といった高額な費用が必要になります。

2: 低品質な記事を量産しない

少し前述したんですが、コンテンツ量を増やしたいからといって、低品質な記事ばかり量産していると、検索エンジンからの評価も低くなってしまい、返ってドメインパワーを下げる要因にもなります。

今一度、第三者視点から書いた記事を見返してみて、為になる記事か訪問してくれたユーザーに役立つ記事になっているか確認しましょう。

まとめ

ここまで、ドメインパワーを上げるにはどうすればいいのか調べてみたことを紹介してきましたがいかがでしたか?
現に私のこのサイトもドメインパワーが低かったので、今書いたことを実践していきます。
そしてドメインパワーを上げていきたいと思います。