スポンサーリンク

株取引でよく聞く「現物取引」と「信用取引」を解説

株をやっていると、よく聞く言葉があります。その言葉とは「現物取引」と「信用取引」です。
おそらく多くの方は現物取引で株を取引していると思います。ちなみに私もです。
そこで今回は現物取引と信用取引について説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

現物取引とは?

現物取引とは自分が持ってるお金の範囲で取引することを言います。
なのでそれ以上の額で取引することができないし、万が一損失したとしても借金することはありません。自分の資金内でその資金が減るだけです。
一般的な取引方法です。

信用取引とは?

信用取引とは、自分が持ってるお金を担保に預けることによってその自己資金の最大約3倍もの取引ができる制度です。
ハイリスクハイリターンなので怖いですが、うまくいけば利益も3倍です。

現物取引と違って、空売りができます。通常の株取引で、安い時に株を買って、高い時に売ると利益が得られます。空売りはその逆で高い時に売って、低くなった時に買い戻すと利益が得られます。

ちなみに信用取引はお金を借りているというわけですから、いつかは返さなければいけません。ということで6ヵ月以内に返済する必要があります。
借りている間は毎日金利も発生します。

結局どっちで取引すればいいの?

信用取引はうまくいった時のリターンは大きいけれど、リスク管理ができていないと痛い目にあう時もあります。そう考えると、やはり現物取引の方が、いいのではないでしょうか?