スポンサーリンク

【株主必見】ソフトバンクのIPOの上場日は2018年12月19日(水)!

2018年12月14日

ソフトバンク(9434)のIPOは2018年12月19日(水)に上場します。
みなさんはソフトバンクのIPO(新規公開株)は購入されましたか?

ソフトバンクはソフトバンクグループから分かれた大手通信会社のことです。
分かりやすく言うと、docomoやauと同じように、3大キャリアの一つです。

スポンサーリンク


 

IPO申込期間は2018年12月3日~2018年12月7日まで

今回初めて、IPOの新規公開株の銘柄について詳しく調べてみました。

ソフトバンクのIPOですが、申込期間は2018年12月3日~2018年12月7日までの5日間です。
なので、申込期間は既に終了しているのですが、意外と期間が短いんですね。

この期間を過ぎてしまうと申し込みができません。

1株は1,500円

ソフトバンクのIPO株ですが、1株1,500円で発行されています。
ただ1株単位で購入する事ができません。100株単位で購入する必要があります。

ですので、計算すると150,000円の資金が必要です。

まずこの資金を持ってないと、申込すること自体できません。

スポンサーリンク

抽選日は2018年12月10日

2018年12月10日に各証券会社から抽選結果が発表されます。
例えば、マネックス証券ですとログイン後12月10日の18時以降に「抽選の状況確認・購入」画面で確認できます。

状態が「当選」になってれば、ソフトバンクのIPO株を購入することができます。

上場日に売却ができるようになる

先述したようにソフトバンクの上場日は2018年12月19日です。この日になれば売却する事ができます。
初値がIPO株の購入価格を超えれば、その分利益が出ます。逆に超えなければ、その分、損失です。

ソフトバンクのIPO株が1株1,500円で100株単位なので15万円。例えばこの1株の初値が2,000円になったとします。すると、100株単位で20万円。よって差額5万円が利益になるということです。

しかし、別にすぐ売却しなくてもいいわけです。今後上がるだろうと見越して、そのまま保有しておくのも全然良いと思います。

 

以上!「【株主必見】ソフトバンクのIPOの上場日は2018年12月19日(水)!」でした。