クレジットカードを落とした時に取るべき対処法を解説

クレジットカードの不安対処

クレジットカードが入っていた財布ごと落としてしまった経験がある筆者が解説するクレジットカードを落とした時に取るべき対処法。
カードを悪用されないためにも、すみやかに対処することが重要です。
ぜひ参考にしてみてください!

クレジットカードを落としたことに気づいたらすぐにカード会社へ連絡を

クレジットカードを落としたことに気づいたら、不正利用されない為にもすぐにクレジットカード会社へ連絡をしてカードを止めてもらいましょう。
カード会社へ連絡時、その落としたカードの番号を聞かれることがありますが、わからなくても大丈夫です。本人確認や契約内容、利用状況などから照合します。

基本、紛失受付センターなどは24時間電話受付をしていますが、時間帯によっては電話は使えなくオンラインでwebでの連絡を受付している会社もあります。
カード利用の停止をしてもらうと、その瞬間からカードは使えなくなります。

併せて、カードを再発行する手続きもできます。ちなみに再発行手数料が発生する場合があります。

警察署または交番などに遺失届を出す

カード会社に連絡と一緒に警察署または交番などにも届出をしておきましょう。届出をすると「受理番号」が貰えます。この受理番号もカード会社に伝えましょう。
伝えておくと、もしカードが不正利用されていた場合カード会社がその不正利用分を補償してくれるのです。
ただし、その補償ですがカード会社へ連絡した日からさかのぼって60日前に不正利用された分なので、カードを落としたことに気づいたらすみやかに連絡してください。

再発行したカードが届いたらやるべきこと

再発行したカードが届いたら、使う前にやるべきことがあります。それはカードの裏面に名前を記入することです。間違えないように
記入しましょう。

またカードを再発行するとカード番号や有効期限、セキュリティコード全てが新しい番号に変更されています。なので、紛失したカードで毎月支払いしていた物があるのなら、再発行後の新カードから引き落としされるように登録しなおさなければなりません。この作業を忘れていた場合、支払いしていたと思ったら、実は未払いだったなどのトラブルにもなりかねません。
詳しくは再発行するときにカードが会社に聞いてみるのがいいですね。

再発行後に元のカードが出てきたら?

クレジットカードを再発行してから、もし元のカードが見つかってもそのカードはもう使えません。
使えないカードはハサミなどで切って処分しましょう。

まとめ

クレジットカードを落とした時に取るべき対処法を解説しましたがいかがでしたか?
大事なのは、もしカードを落としても、慌てないでキチンと対処することです。そして二度と紛失しないように管理にも気をつけていきましょう。

シエルをフォローする
クレカ島
タイトルとURLをコピーしました