スポンサーリンク

楽天プレミアムカードの基本情報やメリットとデメリットを徹底解説!

2019年9月6日

「楽天カードマン」でお馴染みの楽天カードですが、その中でも上位カードに位置されている「楽天プレミアムカード」。
今回はその楽天プレミアムカードの基本情報や様々なメリットやデメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

楽天プレミアムカードの基本情報

 楽天プレミアムカード
年会費10,000円+税
ポイント100円で1ポイント
追加カード・家族カード
・ETCカード
付帯保険・海外旅行保険
・国内旅行保険
・ショッピング保険

追加カードで家族カードがありますが、年会費は500円+税になります。

楽天プレミアムカードを保有するメリット

基本情報がわかったところで続いて楽天プレミアムカードのメリットについて紹介します。

SPUスーパーポイントアップでポイントアップ!

通常、楽天プレミアムカードでお買い物をすると100円の利用で1ポイント貯まります。

さらに、とある条件を達成していくと、どんどんポイントがアップしていきます。

その内容を下記にまとめました。

サービス倍率達成条件
楽天カード+2倍楽天カードを利用して楽天市場で買い物
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
+2倍楽天カード(ゴールド・プレミアム)を利用して楽天市場で買い物
楽天銀行+楽天カード+1倍楽天銀行の口座から楽天カード
利用分を引き落とし
楽天市場アプリ+1倍楽天市場アプリでの買い物
楽天証券+1倍月1回500円以上のポイント投資
楽天モバイル+2倍通話SIMご利用
楽天TV+1倍楽天TVのNBAまたはパ・リーグSpecialに加入・契約更新
楽天ブランド
アベニュー
+1倍月1回以上の買い物
楽天ブックス
楽天Kobo
+1倍月合計2,000円以上の買い物
楽天トラベル+1倍対象サービス・
対象期間の利用
楽天ビューティー+1倍月1回1,500円以上の利用

上の図のサービスを全て利用して、さらに楽天会員で倍率が+1倍なので合計するとポイントが最大15倍になるのです!

楽天プレミアムカードで楽天市場で買い物をするだけでも、ポイント最大5倍になるので、100円で5ポイント貰えます。

選べるサービスでさらにポイントアップ!

選べるサービスでは「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の3つが用意されています。このサービスを利用すれば楽天ポイントが付与されます。それでは1つずつ見ていきましょう。

楽天市場コース

毎週火曜日・木曜日のプレミアムカードデーに楽天市場で買い物をするとポイントが+1倍アップします。

トラベルコース

楽天トラベルでオンラインカード決済していただくと、ポイントが+1倍アップとなります。

またトラベルコースには2つのサービスがあります。

手荷物宅配サービス ・・・1年に2回まで、旅行の際の荷物を自宅から空港、又は空港から自宅まで無料で届けてくれます。利用するにはクーポンが必要ですが、クーポンの発行は楽天プレミアムカードをお申し込み後に楽天e-NAVIからの手続きが必要です。

利用できる空港は「成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港」です。

旅行から帰る時ってよく荷物が一杯になるので、こういうサービスは嬉しいですね。

国内宿泊ご優待サービス・・・プレミアム会員は国内の宿泊宿の予約を自分の代わりに専用のオペレーターにやってもらうことが可能です。

エンタメコース

Rakuten TV又は楽天ブックスをプレミアムカードで利用するとポイント+1倍アップ!

ETCカードの発行手数料

普段から高速道路を利用する方々でしたら、たいてい車にETCを搭載していると思います。料金所をスムーズに通過できますから、それは非常に便利です。
ところで楽天からは、ETCカードも発行されているのです。もちろん料金所に関するメリットはありますが、本来それを発行する際には、手数料を支払う事になります。通常でしたら、540円という手数料を払う事になるのです。

しかし楽天プレミアムカードを保有しているなら、話は別です。発行手数料が無料になるというメリットがあります。なのでETCカードの発行を検討しているなら、プレミアムカードのメリットは大きいです。

スポンサーリンク

楽天によるプライオリティパス会員カードを無料で発行できる

楽天には、プライオリティパスと呼ばれるサービスがあります。世界120カ国400以上の都市で、約900カ所以上の空港ラウンジが利用し放題なのです。

ただ本来そのラウンジを使用する為には、料金が徴収されてしまうのです。通常ですと年会費約4万円を払う事になるのです。
しかしプライオリティパスを発行しておくと、そのラウンジの利用料金が無料になります。ですからそのパスに魅力を感じる方々も多いのです。

しかも楽天プレミアムカードを持ってるとそのプライオリティパスが無料で発行ができるのです。(家族カードは対象外です。)

プライオリティパスの年会費

楽天プレミアムカードは、そのパスの年会費に関連するメリットもあります。プレミアムカードを発行しておけば、パスの年会費が無料になるのです。

ちなみにプライオリティパスを発行できるクレジットカードは、他社からも幾つか提供されています。しかし楽天プレミアムカードは、その中でも年会費が10800円と格安なのです。ですから空港ラウンジをお得に利用できるのも、プレミアムカードのメリットと言えます。

国内空港、ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港ラウンジも無料

楽天プレミアムカードには先ほどのプライオリティパスのほかに、プレミアムカードと当日航空券もしくは半券を提示すると
国内空港はもちろん、ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港ラウンジも無料で利用する事ができます。

※国内空港一覧

旅行保険が充実している

楽天プレミアムカードでは保険が充実しています。

プレミアムカードで国内、海外問わず最大5000万円の旅行保険がついてきます。

・海外旅行保険:自動付帯4000万円 利用付帯1000万円 計5000万円

・国内旅行保険:自動付帯5000万円

海外旅行保険は一部利用付帯です。利用付帯とは、カード決済の条件を満たさないといけないということです。
その点、国内旅行保険は、自動付帯なのでカードを持ってるだけで補償されます。

ちなみに家族会員の方も本会員と同じ補償が受けられます。

また楽天プレミアムカードで買った商品(1個1万円以上)が購入日より90日以内に(破損、盗難、火災等)により生じた損害に対しては最高300万円まで補償されるという動産総合保険が付いています。

楽天プレミアムカードのデメリット

続いてデメリットを紹介します。

同伴者がいる時のプライオリティ・パス

同伴者もプライオリティパスで空港ラウンジを使う場合、お1人様1回につき別途3000円+税が発生します。

そしてその請求は楽天プレミアムカード会員本人に請求が後日あります。

飛行機をあまり乗らない方にはもったいないカード

楽天プレミアムカードは旅行好きに効果を発揮するカードだと思いますが、あまり旅行をしない人、あまり海外に行かない人にとっては通常の楽天カードでも良いと思います。

 

以上、「楽天プレミアムカードに関するメリットとデメリット」でした。

詳しくは下記リンク先にて

公式サイト:楽天プレミアムカード