スポンサーリンク

昨日のドル円大下落から、改めて損切りが大事だということがわかりました

こんにちは、シエルです。
仕事中にFXをすると、チャートが気になって気になって仕方がありません。
そんな中、昨日のドル円の大下落には驚きました。

スポンサーリンク

 

下へ下へと下がり続けるドル

1ドル以上下がりました。
ずっとショートでエントリーしていたら、通貨量にもよりますけどかなりの額、期待できたのではないでしょうか?
私はこの波に逆らってロングでエントリーしていたので、ボロ負けしました。
3700通貨で取引していて、約-2000円の損失を出してしまいました。トホホ
たかだか2000円と思うかもしれませんが、これが意外と私の中では大きいです。

トレンドと逆の方向にいかないこと

上昇トレンドなら買いポジション、下降トレンドなら売りポジションで構えるのが大事だと思います。
トレンドの逆を行くと損失ばかりで利益が得られないということが昨日の実体験でわかりました。

損切りが大事

利益率が高いトレードを心掛けるためには損切りが大事です。下がっても「まだ大丈夫」と思って、保有しておいて昨日のドル円大下落の時みたいに「もうこれ以上は・・・」というところまできてしまうと案の定もっと早い時期に損切りをすればよかったと後から思います。
後悔先に立たずです。

損をいかに最小にして利益を継続していくかが今後の私の課題ですね。

以上、「昨日のドル円大下落から、改めて損切りが大事だということがわかりました」でした。

スポンサーリンク