スポンサーリンク

fxはもうやめた!その3つの理由とは?

「fxで稼ぎたい!fxで儲けたい!」そう思ってる方は多くいらっしゃると思います。勿論、自分もそうでした。

Twitterやfxをしてる方のブログを見て、「こんな額、儲けてるのかよ!いいなー」と思って始めたのがきっかけ。初めはSBIFXという国内のfx業者を使っていましたが、少ない資金で大金を稼げるチャンスがある、ゼロカット制度(追証がない)があるということで、XMという海外のfx業者に切り替えました。
 

「稼ぐぞ!」とずいぶん意気込んでいたそんな私ですが、fxを辞めてしまいました。その3つの理由を紹介していきます。

スポンサーリンク


 

トレード中は、ほかのことに集中できなくなる

これはトレードしている方であれば、理解してくれると思います!特にレバレッジをかければ、かけるほど常にチャートが気になってしまいます。私はかなりの低レバレッジでトレードしてましたが、それでも仕事中にチャートが気になり、トイレに行って見ていた気がします。仕事中にトレードするなよと言われれば、言い返す言葉がありませんが、fxは土日以外は基本24時間トレードができるので、常にポジションを持っていたいという気持ちがあったのでしょう。

ただその結果、ポジションを持っていると、常にチャートのことが気になってほかのことに集中できなくなってしまうのです。要するに精神が不安定になります!

積み重ねがない

fxをやり続けても、レベルが上がらないということ。なぜ勝ったのか、なぜ利益が出たのか説明しろと言われてもその理由が説明できない。たまたま勝ったとしか言いようがありません。なので、やり続けてもスキルもレベルも上がりません。要するに積み重ねのない物をやり続けても時間の無駄だという事です。

損切りできなくて負ける

なぜ損切りできないのか?理由は自分の中で明確です。それは、損したくないからです。
なので、私は低レバレッジでトレードし、損切しないで相場が回復するまで待って、回復したら利食いするという手法でした。ただ、この手法ですが、いつ相場が回復するかわからないという欠点があります。よって、相場が自分の思ってる方と逆の方に進んでも、ロスカットにならないぐらいの資金力が必要なわけです。資金力がなかった私は結果ロスカットになってしまいました。そして入金して再度トレードするも、また負けて再度入金。そんなことの繰り返しに「一体なにやってるんだろう」と思いました。

とある友人がfxの損切りは損失ではなく、経費と考えるべきと言ってたのを思い出しました。例えば、仕事をするうえで、経費は少なからずかかるわけで、FXもトレードする中で損切りという「経費」がある程度かかるものだと。

しかし頭ではわかっているものの、いざやろうとするとできないものなのです。そこで私はFXは向いてないなと改めて思いました。

スポンサーリンク

まとめ

fxをやってみて、私は「時間とお金の無駄!」だと感じました。スキルは身につかないし、お金も減っていくという悪循環。
しかし、否定はしません。お金に余裕があったりしてやってみたいという方はやってみてもいいんじゃないかな?
やってみるとfxがどういうものなのかというのも勉強できますので。