スポンサーリンク

NISA口座の開設をやっぱりやめようかなと思った理由

さかのぼること、先月末マネックス証券でNISA口座を申し込んでみたという記事を書き、必要書類が届くのを待っていました。
そして今月初めに必要書類が届きました。ただまだその書類を提出してなかったのですが、このまま提出しなくてもいっかなという所まで現在きている状態です。
それはなぜなのか?今回はその理由を発表したいと思います。

スポンサーリンク

 

理由その1:損益通算ができないから

例1) ・一般口座A社で100万円利益
   ・一般口座B社で100万円損失

この場合、損益通算可能でAとBの差額でプラマイゼロになります。

例2) ・一般口座A社で100万円利益
  ・NISA口座B社で100万円損失

この場合、NISA口座で損失を出しているため、損益通算ができず結果一般口座A社での利益100万円に課税されてしまいます。

理由その2:損失繰越ができないから

損失繰越とは名前の通り、損失を繰り越すことです。詳しく言うと、確定申告をすると損失を最大3年間繰り越すことができるのです。

メリットは損失を繰り越した後、翌年に利益が出た場合、その利益を前年の損失に充てる事ができるという事です。

例3)その年、損失100万円→1年後→利益70万円出た場合、損失30万円→2年後→利益20万円出た場合、損失10万円→3年後→利益10万円出た場合、損失0

というような損失繰越がNISA口座だとできないのです。

非課税期間が過ぎた後

NISAは非課税期間が5年間あります。それを過ぎたら、「ロールオーバー」か「株を売る」か「一般口座・特定口座に移す」かを決めます。

元々NISA口座で500万円を運用していて、5年後非課税期間が終わり、一般口座に移した時、500万円が400万円になっていたとします。
そして1年かけて100万円の利益を出して元の500万円に戻したとします。
この場合、その出した利益100万円に対して課税はされるのか?

答えは「はい」です。課税されてしまうのです。なんだかおかしな話ですけど。

以上、この3点から、私はNISAの口座開設をやめようかなと思いました。

スポンサーリンク